Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:1001グラム ハカリしれない愛のこと

ストーリー
国立計量研究所に勤める科学者・マリエは結婚生活がうまくいかず、離婚手続き中。そんななか、彼女は病気の父親に代わり、パリでの国際セミナーに出席することに。ノルウェーのキログラム原器を携えパリを訪れたマリエは、パイという男性と出会う。

 

 

U-NEXTで2021年1月31日 23:59まで配信

 

1021グラムが1001グラムに変わった時、マリエが嬉しそうに微笑んだのが印象深かったです。

魂の重さは20グラム、そう父のアーンストが話していました。

 

マリエがパイにベンチで寄り掛かるのを見て、あお互いの好意を理解し合っていたのねと

あの場面でやっと分かりました。

2人は最初から心で会話をしていたのでしょうね。

 

最後のあのやり取りはこのカップルでないと成立しない会話だよなぁと思った。

15.5cm…

違うよ18cm(笑)

 

物凄く淡々としていてマリエの顔はいつも疲れ満載だし、独特な空気感の作品だから

好みが分かれるのではないでしょうか。

私はふいに見たから、そうして見た作品としては

まぁこんな作品も良いかと思いましたが

リピートはしないかなぁ。 でも悪くはないのよねぇ。

この監督の別の作品はどんな空気感なんだろう?と気になります。

 

 

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ