Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:マイ・プレシャス・リスト

ストーリー
ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリーは、ハーバード大学飛び級で卒業した天才。しかし、友達も仕事も持たない彼女は読書ばかりの日々を送っていた。ある日、唯一の話し相手であるセラピストのペトロフは、彼女に6つの課題が書かれたリストを渡す。

 

 

U-NEXTで90日以内に配信終了の予定はありません

https://video.unext.jp/title/SID0041023

 

 

 

GYAOで2022年4月29日(金) 23:59まで

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリー)はIQ185、ハーバード大学飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、読書ばかりしている【コミュ力】ゼロの屈折女子。話し相手はセラピストのペトロフネイサン・レイン)だけ。ある日彼はキャリーにリストを渡し、そこに書かれた6つの課題をクリアするように告げる。「何のために?」「それで問題はすべて解決するの?」半信半疑ながらも、まずは金魚を2匹飼い始め、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探し……と1つずつ項目を実行していくキャリー。そして、人と関わり打ち解けたり傷ついたりする中で、徐々に自分の変化に気づいていく。キャリーは果たしてリストを全てクリアして、幸せを手にすることができるのか――?

 

 

程度を下げてまで人と交流する必要があるか?と言うキャリーの気持ちは

とてもよく分かるけれど

クソ真面目だけでは人生つまらないってことね。

 

キャリーの性格がかなりキツめで少しみていて疲れました。

嘘を言わない代わりにどストレートにものを言う。

頑固者に見えなくもないけれど真面目な性格だから

心は割と本当はまっすぐで、あんなに言動はツンツンしてるのに

セラピーには通い続けているところが既に素直。

 

一応オチもついたけれど、もう少しまとまりが欲しかったかな。

悪くはないけれど良い作品!と言うほどではなかった。

ちょっとしたつまらなさも感じた事で印象には残りました。

 

いつか対人で疲れたら、こういう考えの人はきっとまた

自分は間違っていないから、自分と同等の賢い人としか話したくない

と言った感じに戻りそう。

 

 

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ