Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:最高の花婿

ストーリー
フランス人のヴェルヌイユ夫妻には悩みがあった。3人の娘たちがアラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚し、毎日が異文化への気遣いが続いて疲れ果てている。そんな中、末娘がカトリック教徒の男性と婚約。だがその相手は、コートジボワール出身の黒人青年だった。

予告編

 

 

U-NEXTで90日以内に配信終了の予定はありません

 

お〜〜〜、これは良かった。

式場に到着したシーンでブワっと涙腺が…。

二人の父に手を取られ、義父となるアンドレがバージンロードで息子の元へ花嫁を送り出すのを心から喜んでいる様子が素敵でした。

最後はお父さんが一番楽しそうに踊ってた。

両家の母親同士より父親同士がえらく仲良くなってなんだか嬉しかったな〜。

 

魚釣りに出掛けて良かったね。

とっさに協力し合う事になって、一つのことを一緒に成し遂げると

相手に対して心が開き近くなれるんですよね。

 

この作品、2作目の「最高の花婿 アンコール」の公開期限が迫っていたため

慌てて今作を見たのですが、もっとサラッとしていて、まぁ軸はラブコメディなんだらうなと思っていたので

そんなに優先順位は高くなかったのですが

なんだろう、見終えたあとのこの喜び。

 

人々が人種や宗教の違いを乗り越え、歩み寄り

かたい絆が築かれるのを見ると、心から感動し

そしてとても嬉しくなります。

 

マイリストから消せない作品になっちゃったよ…。

こんな素敵な人種を扱った作品ある?って思えました。

なんだろう本当に人種を何パターン(?)も織り込んだ事がそう思わせたのかな?

 

それにしてもハラールも大変だけれど、コーシャはもっと大変そうだなぁ。

人によってユダヤ人同士でもコーシャとする範囲の見解が違うからなぁ。

コーシャの場合確か調理器具類にまで取り決めが及んでいたはず。

洗い場の左右でも使い方が決まってたと思う。

 

固定概念を持っていればいるほど、こう言う家族は暫くは大変な思いをするのだろうけど

賑やかで良いなぁ。

思いやり深い子供が育ちそう。

次作は有料配信なんだけど困ったなぁ…

だいたい2作目は1作目を超えられないからってスルーできるのだけどこの作品は

次作が見たい。気になる!

 

なんだか良い作品を見られて良かったな♪

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ