Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:映画よ、さようなら

ストーリー
とあるシネマテークに勤めて25年になるホルヘ。その仕事を楽しみ、誇りを持っている彼だが、シネマテークはここ数年で観客が激減していた。そんなある日、賃料を8カ月も滞納していた建物から立ち退きを迫られ、シネマテークの閉鎖が決まってしまう。

 

 

U-NEXTで2021年6月8日 23:59まで配信

 

良い作品でした。

締めくくりではなく観た人の心に何かを残す、問いかける様な作品。

古い映画を見ているかの様でした。

肩の力を抜いてくれる作品ですね。

 

この作品、ホルヘ役を映画批評家シネマテーク館長の

ホルヘ・ヘリネック(ジョルジ・イェリネック)さんが演じているのもまた面白いですね。

 

25年もシネマテーク一筋だったのに、今後雇い手あるのかと

そんな現実的な心配をしてしまいました。

 

ホルヘは美容室へ行ったのならヘアースタイルも

似合うのにしてもらって眼鏡も変えなさいよと思っちゃった。

 

朝から晩まで篭りきりの仕事をしていたら、身なりを気にかける瞬間が

ほぼなかったのでしょうね。

 

なんだかあっさり閉鎖が決まり、45歳のホルヘがバスの中で涙ぐんでいた

姿に胸がギュッと締め付けられました。 

美容室にあえてバッグを置き去りにしたシーンが印象的でした。

 

(ちょっと老けすぎだろうと思ったら演じている人が53歳でした)

2019年にお亡くなりになられたのかな?

 

映画よ、さようなら - 公式サイト -

 

 

 

 

 

 

こちらの作品でもご活躍されていたそうです。

 

作ってみたい料理 シャクシュカ

作り置きのトマトソースがある時に出来そう。

お腹も心も満たされそうな料理なのにパパっと作れる品、たまにはそう言うので楽したい時もある(笑)

 

こう言うのは興味深くて読むのが楽しい!

 

こう言う商品の中身を見て、おおよそどんなスパイスや材料を使うのか推測したりします。

確かにハリサ入ってるならクスクスにも使えるなぁ。

なんだ。家でクスクス作るついでに残しておけば翌朝シャクシュカ食べれたのか(笑)

スパイス類は常に家にあるのに珍しくトマト缶を常備してなくて作れなーい!

映画:聖トリニアンズ女学院2 (不良女子校生たちの最悪ミッション!パイレーツの秘宝をねらえ!!)

ストーリー
寮長のケリーが卒業し、カミーラから次期寮長に任命されたアナベル。だが頼りない彼女に対し、次第に生徒たちの不満が高まっていく。そんなある日、学院に不審者が乱入。犯人の目的は海賊・フリトンが隠した宝の場所を示しているというカミーラの指輪だった。

 

U-NEXTで2021年6月8日 23:59まで配信

 

今作も結構面白かったです。

前の子と同じ役なのに役名もキャストも変わっていて

ちょっと淋しかったところもありますが。

1も2も校長がケイトリン・ジェンナーさんに見えて仕方ない作品です。

ケイトリンさん美しいですよね。

 

美人さんって結構キリっとしていて男顔の人が多いんですよね。

 

男子校潜入時のみんながとても素敵でした。

 

映画:ある女優の不在

ストーリー
イランの人気女優・ジャファリのもとに、見知らぬ少女・マルズィエから悲痛な動画が届く。マルズィエは女優を志したが家族の裏切りによって夢を砕かれ、自殺をすると言う。ジャファリは衝撃を受け、ジャファル・パナヒと共にマルズィエが住む村に向かった。

 

U-NEXTで2021年6月9日 23:59まで配信(¥399)

 

はっきりとしたラストではないけれど独特な撮り方をされた作品。

本当に映画とドキュメンタリーの垣根を超えてますね。

 

この監督の作品、U-NEXTには「人生タクシー」しかないのですが

それも含めてYahoo映画に登録されているものの殆どが

見たいリストに既に入っていました。

 

他の作品も見だすとなんだか引き込まれる、そんな作品、作風なのかなと

これから見るのが楽しみです。

 

あの「兄より偏見の強い父」と言っていたけれど兄は話し合いに参加させず

父が追い出したし丸く収まった様で「あれ?」と言った感じでした。

でも女優が立ち会わなければ、どんなにマルズィエが心から説得しようとしても

それこそ名誉殺人があった可能性の方が高いと思われます。

 

彼女が死んでいても「仕方のない事」だったのでしょう。

 

歴史や古くから受け継がれてきた習慣は大切なものですが

そこに暮らす人を一人でも心底苦しめるものならば

変えていかなければいけないのではないかと思います。

それこそ村長がいるのであれば統括しやすいのだから。

 

言い方はまずいですが、どうしても犠牲が出るのであれば

その後に良い変化が起こる一時的反乱でないと、

なんのために習慣を守っているのかと。

その習慣は村人を殺すためなのか?と。

 

私みたいに分け隔てなく自分の意見を言う女は

速攻抹殺されますね。

 

映画『ある女優の不在』公式サイト

 

ドキュメンタリー映画:father カンボジアへ幸せを届けたゴッちゃん神父の物語

ストーリー
1929年、浄土真宗の寺の息子として生まれた少年は、いつしかカトリック神父となり、独身にしてカンボジア難民の14人の子供たちを育て、息子の1人・ラーと共にカンボジアに学校を作り始める。86歳になった後藤の旅路を通し、彼のメッセージを届ける。

 

U-NEXTで2021年6月8日 23:59まで配信

 

ラーが運良く生き延びたとしてもカンボジアの言葉では「死から残っただけ」だと。

「残りでしかない」

それを聞いて私自身も"残りの時間"を生きているのではないかと

ふと自問自答しました。

 

 

 

 

こう言った作品をきちんと見て知っていきたいですね。

 

 

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ