Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインについても触れています。

映画:グリーンマイル

今までTVのロードショーで、何かやってるなぁ程度でしか見た事がなかった作品。

初めてまともに観ましたが、こんなに良い作品だったとは。

今ならDNA鑑定や、それこそ超能力捜査等している海外なら

結末は変わったかもしれないのになぁ…と切なくなりました。

古い映画で、まともに予告編と呼べるものは、公式の英語版しかありませんでした。



グリーンマイル (字幕版)

新品価格
¥199から
(2020/4/6 04:21時点)

ジョン・コーフィ役のマイケル・クラーク・ダンカンさん、

2012年に54歳でお亡くなりになられていたんですね。

この方の出演作品、もっと観てみたいです。

せっかくの俳優期間が短かったのが悔やまれます。

 

映画:ヘイト・ユー・ギブ

観られたことが大変良かったと思える作品です。

私は人種差別する人に同意はできません。

これまでと同じように、

その人が何人だろうと、まず1人の人間として交流したい。



ヘイト・ユー・ギブ (字幕版)

新品価格
¥399から
(2020/4/3 05:10時点)

映画:ロケットマン

うーん、これ端折るくらいならミュージカル調やめてほしかったなぁ。

歌って踊らせたせいで、内容が薄っぺらくなってしまってるように感じました。

エルトン・ジョンの音楽はとても良かったのに。

ロケットマン (字幕版)

新品価格
¥399から
(2020/4/4 04:49時点)

映画:フォードvsフェラーリ

なかなか良かったです。

実話ベースなので観てみましたが、自宅のMacで観ていても迫力が凄かったです。


フォードvsフェラーリ (字幕版)

新品価格
¥2,037から
(2020/4/3 04:38時点)

映画:ドキュメンタリー 最強のふたり

事実では分かり易い黒人さん!って感じの人ではないのに

なんかどうしてそのポジションにその人種をチョイスしたのかなぁ?と思ったり。

そっちの方がより良い話に移るから?

オマール・シーは良い俳優だけど。

 

作品はもちろん良かったので、このドキュメンタリーも観られて良かったです。



ドキュメンタリー:最強のふたり (字幕版)

新品価格
¥300から
(2020/4/3 04:32時点)

映画:トレヴィの泉で2度目の恋を

エルサが若干ボケかけなのかと思ったけど、夢見る少女なだけだった。

ずっと少女な女性と、一見合わなさそうな頑固じじい。

じじいが解れていくのが良かったなぁ。

エルサの嬉しそうな笑顔と、それを見るフレッドの優しい眼差しが良かったなぁ。

やっぱり、たまにこう言う心が解れるラブストーリー、観たいね。

 

こう言うの、男性は観ない人が多いんだろうな。

ババアのキス顔なんか見たくねぇよ!とか言って。

自分もジジイなのに棚に上げて若い女性が大好きなまま。(※一部の男性は)

男ってどうしようもないわね(笑)

映画:LUCKY

「"孤独"と"一人暮らし"は違う」ラッキーの言葉が印象に残る。

孤独に生きているようだけど、実は皆を愛してた。

ハリー・ディーン・スタントン最後の主演映画となってしまったけれど

彼でないとできない成立しない役、そんな作品でした。

製作陣がハリーを乗り気にさせる為、馴染みのある俳優を揃えたところにも愛を感じますね。

 

 

ラッキー(字幕版)

新品価格
¥300から
(2020/3/30 00:34時点)

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ