Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:馬上の二人

あらすじ
1880年、テキサスのタスコサ町の保安官ガスリー・マケーブ(J・スチュワート)の前に、60キロ離れたグラント砦から、旧友のジム・ゲイリー中尉率いる一隊がやってくる。司令官のフレーザー少佐からの命令でガスリーを迎えに来たのだった。グラント砦では、この20年間にコマンチ族の襲撃を受け、何人もの開拓者の白人が誘拐されていた。息子をさらわれた夫妻、9年前、目の前で弟を奪われたマーティ(S・ジョーンズ)、妻の連れ子を探す酒造会社の社長…コマンチの酋長、クアナと取引しているガスリーしか交渉できる人間がいないため、少佐は嫌がる保安官の見張りとして中尉を同行させる。

 

 

NHK BSプレミアムで見ました。

U-NEXTにもGYAOにもありませんでしたが

なかなか良い作品でした。

 

幼少期に連れ去られたら、自分のルーツは忘れてしまって

自分はコマンチ族だと信じ切ってしまうのも

仕方がないですね。

そうなっちゃったら連れ戻すより

族長から本人に事情を話してもらうのが良いような気もします。

 

BSプレミアム、暫くは見たい作品が続きそうです。

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ