Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:ブラック・クランズマン

ストーリー
1970年代半ば。ロンはコロラド州コロラドスプリングの警察署で、初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、ひょんなことから白人至上主義団体、クー・クラックス・クランへの潜入捜査を始めることになるが…。
ここがポイント!
主演のジョン・デヴィッド・ワシントンは名優、デンゼル・ワシントンの息子で、幼い頃にスパイク・リー監督の『マルコムX』に出演している。

 

U-NEXTで90日以内に配信終了の予定はありません(¥199)

https://video.unext.jp/title/SID0043053

 

 

GYAOで2022年6月8日(水) 23:59 まで販売しています(¥399〜)

 

これ、最終的に署長が言った事って

白人に都合の悪い内容だから捜査資料を消去しろって事ですよね?

これは酷過ぎる。

そしてラストに流れる本物の映像がつい最近のものである事が本当にショックです。

 

作品としてとても見やすく、関心のない人でも

映画として楽しめます。

そうさせておいて最後に事実を突きつけしっかり見ろと言わんばかりの終わり方、

素晴らしいですね。

監督は人種差別に無関心の人にこそ見て欲しかったのかもしれない。

ラストにの映像までは本当、笑えるテイストで描かれた

内容の割にユーモアたっぷりな作品でした。

おそらくだけれど、監督の意図に感銘を受けますね。

 

これは見て良かった。

1978年の出来事なのに、いつまでも終わらないのが悲しいですね。

戦争に嘆く前に私たちが抱いている差別の心を無くして行くべきです。

 

 

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ