Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:歓びのトスカーナ

愛がないと人はこんなにも狂ってしまうのかと改めて思いました。

極端に思えるけれど、極端に狂ってしまう人だっている。

最初はベアトリーチェがうるさ過ぎて見るのをやめようかなとか思ったけれど

終盤までカオスだけど、お互いが淋しいと口に出した事で

それぞれ心が整理されたのでしょう、なんだか落ち着きを感じました。

ベアトリーチェがいるからドナテッラは最後、ああ言う決断をできたのでしょう。

 

ベアトリーチェ役のヴァラリア・ブルーニ・テデスキの演技は凄かったです。

完全に気が触れてました。

ドナテッラのミカエラ・ラマッツォッティも口数が少ない役なのに、内に抱え込んだ鬱々した感じが凄かったです。

 

私も、狂ってしまった方が楽だったかもしれない、

あの人の事を変だと思わずに洗脳されていれば

生きるのが楽だったかもしれない…なんて

思っていた時もあったな。

少しの財産があれば、生きていればなんとかなる。

これまで散々なんとかしてきたから、今はそう思う。

 

U-NEXTで2020年10月31日 23:59まで配信

 

歓びのトスカーナ(字幕版)

痛々しくてカオスで、一度でお腹いっぱいになるので

二度目は遠慮したい作品。悪くないのだけど心が乱れる(笑)

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ