Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:トゥルーマン・ショー

うーん、これは感動のコメディとあるけれど非常に悲しく胸糞悪くなるのでもう見たくないかな。

「主人公が余命○○」とか「主人公が亡くなる実話」だとかをわざわざ見たい!と思う人達を

私はこのトゥルーマンショーの視聴者と同じと思っています。

所詮他人事なのです。

何度も書いてますが、自分の愛する人を亡くし仮にそれがドラマや映画になったとして

「感動しました」「よい話でした」と言われたら、当事者としてどう感じますか?

そう問われなければ、他人事として見ていた事にさえ気付かないのは、悲しい事ではないでしょうか。

 

解説とストーリー

ジム・キャリーの熱演が奇想天外な物語にリアリティをもたらした感動のコメディ
 

ストーリー
小さな島で保険会社のセールスマンをするトゥルーマンは、しっかり者の妻と共に平穏な生活を送っていた。しかしある日、町で死んだはずの父親を見かけた彼は、自分の人生がテレビ番組のために作られたフェイクで、世界中で放送されていたことに気付き…。
 

 

www.youtube.com

 

U-NEXTで2021年9月19日 23:59まで配信

video.unext.jp

 

トゥルーマン・ショー (字幕版)

新品価格
¥299から
(2020/9/30 00:41時点)

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ