Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:セールスマン

ストーリー
教師・エマッドとその妻・ラナは、小さな劇団に所属している仲の良い夫婦。ある日、引っ越したばかりの自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。以来、夫婦の生活は一変。犯人を捕まえたいエマッドと、表沙汰にしたくないラナの感情はすれ違い始める。
『ここがポイント!
アスガー・ファルハディ監督と主演のタラネ・アリドゥスティは、トランプ政権の入国制限命令に抗議し、アカデミー賞授賞式のボイコットを表明、世界的な話題を集めた。』

 

 

U-NEXTで90日以内に配信終了の予定はありません

https://video.unext.jp/title/SID0032256

 

 

 

GYAOで2022年4月10日(日) 23:59まで

 

 

うわ〜。後味悪いなぁ。

でも最後の最後まで嘘を突き通すって、人間の汚さも見せられました。

エマッドの方が最終的に根は善人だった。

お国柄的と言うか宗教的にも(?)

夫以外の男に襲われたなんて公にしたら

その後を生きて行けない程に過酷な環境になるのでしょうね。

日本でもなかなか誰にも言えないですよね、そんな事。

強姦(強制性交等罪)も時効は10年ですから

警察に行けないまま苦しむ女性は自分の一部が死んだような気持ちをどこかに持ったまま生きることになりますね。

私の場合も26年前ですが未だに男性から異性として見られるのが怖いです。

兄弟に話せたのも去年から一昨年でした。

おまけに別件のひったくりで暴行を受け、27年経った今も一部記憶喪失なので、薄暗くなると外を歩くのが怖く、特に男性とすれ違う、後ろを歩かれるのが怖く

恐怖だけが心に残りました。

(ただ歩いているだけの男性に恐怖を感じてしまう事に、いつも申し訳なさを感じています)

 

 

ちょっと理性を失いやすい気質の男性やその他女性を性的対象とされている方は、

自分をそそるために女性が服を纏っていると思わないで下さいね。

一部そのような女性が存在するのも確かですが

風俗店がございすので、そちらへ行かれて下さいね。(もちろんそのお店のルール内でお願いします)

 

 

 

 

 

話は変わりますが

物件を見に行った先で「まぁ猫ちゃん」と抱きかかえられた猫が

「人に慣れてるわ」と言ってる最中に

マォ〜〜ン(離せ〜〜)と低い声で鳴いたせいで笑ってしまって一瞬休憩しました。

 

 

変なことを書いてしまいましたが

起こってしまった事はもう元に戻りませんし

一度の人生を俯いて生きるのは楽しくないので

「一通り経験したからこれ以上悪いことはないわ」と思って人生を楽しむようにして生きています。

 

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ