Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:仮面の男

1662年、フランスのパリ。若き暴君ルイ14世の圧政下、民衆は飢えに苦しんでいた。しかし彼には隠された秘密があった。彼は地下牢に双子の弟フィリップを幽閉していたのだ。引退をしていた三銃士たちはこの事実を知る。彼らは鉄仮面をつけられたフィリップを救出し、仮面舞踏会の日に王を入れ換える計画を企てる。この計画は一度は失敗し王に追いつめられはするものの、最後にはルイ14世と仮面の男の入れ換えに成功するが……。

 

 

 

U-NEXTにもGYAOにも現在、作品ありません。

テレ東の午後のロードショーで見たのですが

吹き替えでも充分惹き込まれました。

 

母にとってはどうなっても気持ちの良い結末でなかったのが悔やまれます。

 

ディカプリオさんは一人二役でしたが、全く違和感なく

終始別人として見ることができました。

 

一人二役ものはわりと気になって作品に集中できなくなる物も

多いですが、この作品は全く気になりませんでした。

人柄の違いを特に目つきで、自然でいてハッキリ演じ分けされていたように感じました。

 

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ