Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

ストーリー
不法就労者を取り締まる、移民局「I.C.E」のベテラン捜査官・マックス。ある日、マックスの相棒であるイラン出身の捜査官・ハミードの妹・ザーラの死体が発見され、遺品の中から偽造グリーンカードを見つけたマックスは、独自の捜査に乗りだす。

 

U-NEXTで90日以内に配信終了の予定はありません

https://video.unext.jp/title/SID0033643

 

 

GYAOで2022年5月3日(火) 23:59まで

LA移民局の警官マックス(ハリソン・フォード)の仕事は、国境を越えてやってくる不法滞在者を取り締まることだ。ある日、マックスは縫製工場を強制捜査し、不法就労者として働くメキシコ人女性ミレヤを逮捕する。一人息子の面倒を見てほしいと懇願され、マックスはメキシコに残された家族の行方を追うが、突然ミレヤが姿を消してしまう。一方、マックスの相棒の警官ハミドの妹が、恋人と一緒に殺される事件が起きる。犯人の行方は分からず、遺品の服には偽造の永住ビザが残されていた。マックスは事件の裏に不法滞在者ビジネスの匂いを嗅ぎ取り、独自に調査を始めるのだが……。

 

 

うーん、胸が痛む内容。

色んな結末があるけれど本当に「正義とは何なのか?」と考えてしまいます。

 

移民局の人間としては仕事をしてるだけではあるのだけど

やりたくない仕事だなぁと思いました。

仕事柄、逮捕する人達の背景も経験から知っていて

だいたい想像できるでしょうから、思考していては仕事ができなくなりそうです。

 

タスリマ役のサマー・ビシルさんと、

ヨン役のジャスティン・チョンさんの演技が良かったです。

タスリマの父役のシェリー・マリルさんの最後の演技も素晴らしく感じました。

 

マハーシャラ・アリが出演していたのも嬉しかったです。

この作品はミレヤ役のアリシー・ブラガさんも良かったし

良い役者さんばかりだったように思います。

 

ジャスティン・チョンさんはブルー・バイユーの監督なのですね!

見るのが更に楽しみになりました。

あまりアジア系の俳優から「おっ」と思うものを感じませんが

この方は他の出演作品も見てみたいです。

 

 

なかなか見終えてからも考え続けてしまう内容でした。

こういう、世の中と見た人に問いかける作品は素晴らしいと思います。

観れて良かったです。

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ