Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:アランフエスの麗しき日々

ストーリー
涼しい風が吹く夏の日の午後、小高い丘の一軒家のテラスで語りあう男と女。性的体験、子供時代、記憶、夏の本質、男と女の違いなど、さまざまなテーマを縦断していく。そして、奥の書斎には、タイプライターを前にした作家が庭を見つめながら座っていた。

 

U-NEXTで90日以内に配信終了の予定はありません

https://video.unext.jp/title/SID0047002

 

 

GYAOで2022年3月1日(火) 23:59まで

 

 

これはなかなか…言葉を多く知らない私には表現しようのない作品。

好き嫌いは完全に別れるし

ヴィム・ヴェンダース作品」にハッキリしたイメージを持っている人にはお勧めできないかも。

 

とても知的でセンスを兼ね備えたウディ・アレン

そんな感じかな。

ウディ・アレンにはどちらも足りてないと思ってる)

 

でも私としては悪くはなかったです。

もう一度みたら、言葉が何を伝えようとしているかをくんだり

紡がれる言葉から風景などを想像しながら見られるのかもしれない

とすら思える作品。

ただ「つまらなかった」では終わらない作品です。

なんだか不思議な魅力のあるです。

 

キャスティングを間違えたら酷評の嵐だったかもしれない。

 

 

 

冒頭に映るこの手前の?船、良いなぁ。

隠れ家的休憩所として、欲しい。

f:id:portebonheur:20220301020428j:image

 

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ