Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:恋とスフレと娘とわたし

ストーリー
L.A.でスイーツショップを経営するダフネは、若くして夫と死別し、3人の娘を育てあげた女性。まともな男性に恵まれない末娘・ミリーを心配したダフネは、ミリーに内緒で花婿募集のウェブ広告を出すことに。そんななか、ダフネは花婿候補の父親と恋に落ち…。

 

 

 

U-NEXTで2021年11月14日 23:59まで配信

https://video.unext.jp/title/SID0052006

 

 

この作品、見ていると娘のミリーが主演に思えるのだけど

ラストで主演はダフネだったわと思い出す。

 

ダイアン・キートン細身だから薄着シルエットは耐えられるだろうけど

下着姿には驚いた。

ぜんぜん副尻がなくて。やっぱりハリウッド女優だなーと思いました。

普段からトレーニングされてらっしゃるのだろうなと。

だけども依頼される役柄に見合うよう、筋肉がつかない程度に削ぎ落とされていて、

私なんて引き篭もっていて少しウォーキングするだけでクタクタになっちゃうし

体はガチガチに硬くていつも硬っているから

ダイアン・キートンのあのボディを見て、トレーニングしてるのを感じると、素晴らしいなぁと感心するばかり。

 

前髪と眼鏡と帽子、ウエストマークファッションがトレードマークだけれど、この人、前髪を斜め分けにしたら品のある美人女優なんだろうなぁ。

美しさ前面に出さないから、前髪パッツンではない麗しさ全開のそう言う作品も見てみたいなぁ。

 

 

それにしても、作品についてですが

自分自身にお金がなかったらきっと一般的にはジェイソンを選んだでしょうね。

あの人もあんな境遇なのに結局は影もない良い人だった。

その時の自身の金銭的余裕ってどんな選択にも影響あると思うな私は。

お金、心、取り巻く環境、何にでも余裕があってこそ、きちんと選べる。

 

箸休めにあまり期待していない作品を、と思い見たけれど

思いの外良くて、良い映画鑑賞タイムになりました。

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ