Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:25年目の弦楽四重奏

ストーリー
弦楽四重奏団「フーガ」は結成25周年を迎えるも、パーキンソン病チェリスト、ピーターが今季限りでの引退を宣言。それをきっかけに、第2ヴァイオリンのロバートが第1ヴァイオリンを弾きたいと言い出すなどメンバーの葛藤が露呈し、リハーサルは進まない…。

映画「25年目の弦楽四重奏」劇場予告編 - YouTube

 

 

U-NEXTで2021年10月2日 23:59まで配信

25年目の弦楽四重奏(洋画 / 2012)の動画視聴 | U-NEXT 31日間無料トライアル

 

 

うーん、ピーターが居て良かった。

ピーターだけはオスにならずに居てくれて良かった本当に。

 

実際に音を奏でアウト言うのは難しいですよね。

クラシックなんてジャズと違ってセッションって訳にも行かないようですし。

ジャズはセッションを受け取る、聴く方も忙しいけれど

クラシックは奏者が結構な忙しさなのかな〜?なんて思ったり。

 

映画作品でトリオや四重奏ものってなかなか仕上げが難しいですね。

ラストで一気にイマイチになったり、フワっと終わりますね。

奏者なら理解しながら見られるのでしょうけど。

 

物事をいろんな目線で見られると、あらゆる物の見え方が広まって楽しそうだな〜。

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ