Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:ビリー・バスゲイト

ストーリー
1935年、大恐慌下のアメリカ。ニューヨークに暮らす青年ビリーは、ギャングのボス、ダッチ・シュルツに声を掛けられる。颯爽としたその姿に憧れたビリーはダッチの手下となるが、そこで目にしたのは、裏切りと殺しが横行するギャングの世界だった…。

ビリー・バスゲイト 予告編

 

U-NEXTで2021年9月11日 23:59まで配信(¥199)

 

 

ギャンング映画ですが、血みどろ拳銃ドッカン系ではなく

淡々としていたので見やすかったです。

ビリーの心情を描いた作品(?)ですが、尺が足りてない感じが。

ラストのせいで「で?」となってしまって勿体なかったな〜。

オットーがビリーをクビにしたのは、まだ若く

殺しもしていない内に一般人に戻したかったのでしょう。

と私は思っています。

 

 

bit.ly

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ