Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画:夜明けの祈り

ポーランド修道院で起きた悲劇的事件と医師の衝撃の実話を描くヒューマンドラマ

 

ストーリー
1945年12月のポーランド赤十字の施設で医療活動に従事するフランス人医師・マチルドは、あるシスターに請われ、遠く離れた修道院を訪ねる。そこでは、ソ連兵の蛮行により身ごもった7人の修道女が、残酷な現実と信仰の狭間で苦しんでいた。

 

 

凄い事を成し遂げた人がいたんだなぁ…

どうしていつの時代も強姦はなくならないのだろう。

これからは女を見下したくても、男性より稼ぎが上回る女性も珍しくなくなっていくだろうし

もっと対等で時に補い合える関係になれたら良いな。

 

支配しなければいけないのは、あなたがオスでいる以前に

弱い(内に誇れるものが何もないと感じている)からだろう。

他に八つ当たりしても何も満たされないよ。

 

それにしても「私は母親」と言っていた女性が

その晩には「彼女たちが面倒見てくれるわ。育て方も分からない」なんて言っちゃったのに驚きました。

本当は心のどこかで解放されたかったのかもしれませんね、修道院の生活から。

 

もっとどんより曇り空な作品かと思っていましたが、苦労や苦悩が報われるストーリーでした。

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ