Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

フォークの時代の胎動期を舞台に描く、猫とさすらうシンガーの1週間の物語
ストーリー
人の心を一瞬でとらえる曲と歌声を持ちながらも、ツキに見放されっぱなしのフォークシンガー、ルーウィン・デイヴィス。レコードは売れず宿もなく、おまけに猫まで預かるハメに。ルーウィンはしかたなく、その猫と共に人生を見つめ直す旅に出るのだが…。

 

U-Nextで2021年1月1日 23:59まで配信

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(字幕版)

新品価格
¥400から
(2020/10/24 04:12時点)

2002年にお亡くなりになられたフォークシンガーのデイブ・ヴァン・ロンクさんがモデルとなっている作品のようです。

一度見たのに感想も書かずに下書きになっていて

全くと言っていい程、物語が記憶に残っていなかったので

2回目3回目は飛ばしつつ観たのですが、私はこの作品からはあまり何かを受けたれませんでした。

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ