Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:パリの家族たち

うーん、これは理解が追いつかない…

と言うのも顔と名前と立場をシッカリ把握できないままにどんどん物語が進んでいってしまって

物事を映像や画像として記憶するタイプの私には、観る前に構図が欲しかった。

 

ジャーナリストと大統領は姉妹かと思っていたけれど

見終えて公式サイトを見たら、ジャーナリストはあの3姉妹の人だったし。

ジャーナリストの時と子供といる時は同一人物だと把握できたのですが

それ以外の場面で雰囲気が違って見えたのか私が、同一人物として見れていなかったようです。

でもよく考えてみると、ジャーナリストの女性は1人の女性として生きている時間に幸せを感じる人と言う役柄の人物だったから当然ですね。

 

家族も色々あるよね。

それを分かっているから自分に両親がいなくても

他人に「両親がいて幸せでしょ」なんて無神経な事は言わない。

 

でも大切なのは親子関係に限らず、相手に上手に伝える事ではなくて、心の内をそのまま伝える事だと思います。

自分が何をどう感じその考えに至ったのか、悩んだのか

伝えるべきはそこではないでしょうか。

苦しみの内訳も明かさずではもつれたものは、どうにもならない。

せっかちな人が相手なら手紙も良いかと思う。

 

 

U-Nextで2020年11月5日 23:59まで配信

 

 

 

パリの家族たち(字幕版)

新品価格
¥509から
(2020/9/7 01:37時点)

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ