Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ(映画ブログではありません)

映画:ココ・アヴァン・シャネル

大筋は合っている、あまり飾り付けされていない作品で、良かったです。

ココは私もそうですが、失う事の深い悲しみを心から取り払う事が出来なかったのではないかと思います。

 

 

ココが幼少期を暮らした孤児院の事が、写真付きで詳しく書かれているブログがありました。

 

ココ・アヴァン・シャネル (字幕版)

新品価格
¥299から
(2020/9/5 22:59時点)

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ