Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインなど好きなものだけ。映画ブログではないつもり

映画 ミスター・ロンリー

下記に抜粋をしたとおり、ラブストーリーとはあるけれど、深い深い愛のお話かなぁ。

予告編のこの部分で、恋愛要素のあるヒューマンドラマかな?と思い観てみました。

マイケル・ジャクソンでしか生きられない僕がマリリン・モンローとしてしか存在できない君に恋をした」

「生きることに不器用な"彼ら"の切ないまでにピュアなラブストーリー。」

 

うーん、これねぇ編成が不思議系だけど深い物語だなぁと思いました。

1度じゃ飲み込めないと言うか。

もう2度くらいみたいけど、チャップリン夫に腹が立つから見たくない。

 

チャップリンが性的に嫌な奴って言うのは、本物の、ある事になぞらえてるのかな?なんて思ったり。

 

 

映画解説・あらすじ

マイケル・ジャクソンのものまねパフォーマンスで生計を立てている青年が、マリリン・モンローとして生きる美女に恋をするラブストーリー。監督は『ガンモ』などが大絶賛された若き鬼才ハーモニー・コリン。主人公の“マイケル・ジャクソン”を『天国の口、終りの楽園。』のディエゴ・ルナが、“マリリン・モンロー”を『CODE46』のサマンサ・モートンが演じている。コリンならではの独特の世界観と衝撃の結末に注目だ。

マイケル・ジャクソン”としてしか生きられない男“マイケル”(ディエゴ・ルナ)。ある日、老人ホームでパフォーマンスをすることになった彼は、会場で“マリリン・モンロー”(サマンサ・モートン)に遭遇。“マリリン”は意気投合した“マイケル”をものまねアーティストたちが集うスコットランドのコミューンへと誘う。』


Amazonビデオ

ミスター・ロンリー(字幕版)

新品価格
¥300から
(2020/3/29 06:32時点)

GYAOは低画質330円、高画質440円でレンタル

 

映画の中で流れるボビー・ヴィントンのMr.Lonelyが

まるで自分の事のようで胸が締め付けられました。

 

 

オマケ

 

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ