Porte Bonheur

心穏やかなひと時を

PHP 配列

配列」とは、複数の別々な数値や文字列を 一つの変数に格納する(入れる)ことができる、いわば「複数の引き出しがついた棚」のようなもの。

$price0 = 300; $price1 = 500; $price2 = 1000;という3つのデータは、

配列を用いて以下のように表現できる。

$prices = array( 300, 500, 1000 );
 
値を指定(指名?)する時はRubyと同じく0から割り振られているので
arrayの500を指定したい時は
echo $prises[1] と記述
 
配列の要素の個数を数える count関数
配列の中に入っている要素の個数を数えて、その結果を数値として返す関数。
 
$ary = array( 4,8,12,16,20 );
echo count( $array ); ->` 5 という数値が表示される。
 
配列の中身を全て表示する print_r関数
配列にechoが使われた時、PHPはその配列の型を表示するので
配列の要素を表示する時はprint_rを使用。
 
<?PHP
$fruits = array("apple", "orange", "grape");
print_r($fruits);
?>
 
実行結果
Array
(
[0] apple
[1] orange
[2] grape
)
 
広告を非表示にする