Porte Bonheur

心穏やかなひと時を

Ruby 配列

複数の要素(文字列、数値等)をまとめるための仕組み。
まとめる要素を「」で囲み、各要素をカンマ( , )で区切る。
(インデックスを使って要素を区別)
配列のデータには、先頭から開始番号が0で始まるインデックス番号が割り振られている。
入力、出力ともに
 
ary [1,10,100]
puts ary
 
実行結果
1
10
100
 
ハッシュ
ハッシュは配列と同じく複数のオブジェクトへの参照をまとめて管理することが出来るオブジェクト。
ハッシュではキーと呼ばれるものを使用します。
入力{} 出力[]
 
まとめる要素を「{}」 で囲む。
hash = {"name" => "chocolate", "taste" => "bitter"}
pats hash
 
シンボル「:」