Porte Bonheur

心穏やかなひと時を

良いおじ様にモテたい人実はいるのね

紳士なおじ様にモテたいと思ってる人、会社にもいたけれど、割といるんですね。

 

個人的な考察結果としては、パパっとまとめると、こんな感じでした。


聡明である事と食事のマナーが身に付いているのは大前提

(わきまえている、なんてレベルでは話にならないのは現実)で、どんな場所へも安心して連れて行ける。
突然誘ってもその場にあった服装で来てくれ、恥をかく心配が無い。
それでいて自分にはフランク。

だけれど、知人や友人の前では敬語と使い分ける事ができる。


‪思考がぶっ飛んでいると尚良い。

ぶっ飛んでいるのに、時と場、相手により態度をわきまえられる事は必須。

 

おじ様と知人や友人が話している場面では

数秒の観察で、おじ様と会話相手がどんな関係性が見抜く事ができればOK‬
ぶっ飛んではいるけれど、観察力、洞察力が鋭く

実はかなりの常識人、マナーは絶対な人間。これが基礎かも。

 

‪残念な事に、モテたいと言う発言をする人は、

金銭的安定も目当てなので、賢いおじ様には見抜かれて、

本気で相手してもらえないのが本当のところなのかな?

 

と言うのが私の考え。