Porte Bonheur

珈琲や美味しいもの、建築やデザインについても触れています。

映画

映画 カルテット! 人生のオペラハウス

うーん、四重奏、歌い上げるシーン欲しかったなぁ… あぁこれこのままの映像でやり過ごすヤツかぁ〜、と建物シーンを見ながら そこだけ残念でしたね。 クライマックスがそれなんて。。。

映画 100歳の華麗なる冒険

動きがスローなお爺ちゃんアランに、ヒヤヒヤしましたが アランがいつも心に留め実行している母の言葉 「色々考えても無駄、なるようにしかならない」 がナンダカ素敵でした。 そう言う生き方が出来るよう、資産形成だけは忘れちゃいけませんね(笑)

映画 エール!

良かったよ😢 ポーラ(ルアンヌ・エメラ)の歌声が、本当に素晴らしかったです。 これヘッドホン着用で観れば良かった。 見ていて、私もポーラの背中を押してあげたくなりました。 心温まる作品でした。 また観たいな。

映画 サンシャイン 歌声が響く街

あ、そう言う作品なのね、と突然歌い出されて把握。 突然歌い出す系は、本当にそこで強く惹きつけてくれないと気が散っちゃう。 惹きつけ度はマンマミーアに及ばずと言ったところかな? 大勢で歌いきったところで作品が終わるので、突然のラストが来て呆気に…

映画 マダムフローレンス!夢見るふたり

これ、メリル・ストリープは相当Florence Foster Jenkinsの歌を聴き込んだんだろうなと思いました。 とにかくソックリで。 最終的には(?)彼女の、音楽への愛にグッときました。 インタビューを見てみたら、2ヶ月の練習で一度きちんと歌えるようにしてから、…

映画 ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD

これ、題名をわざわざカタカナで書く必要あるのかなぁ。 内容は、ドキュメンタリー映画ではないし 妊婦さんが殺されるシーンは、さすがにやらないだろうと思っていたから ラストはこれで良かったのかな。 映画の中での事故現場は実際のシャロン・テートとロ…

映画 31年目の夫婦げんか

最後に詰め込みすぎたかな?と感じなくもないけれど おおよそ良い作品でした。 ただ主役2人のキャスティングを間違えたら、ビックリするぐらいツマンナイかも。 特に男性は途中で観るのやめちゃいそうな題材。

映画 ストリート・オーケストラ

あれ!?え?こんな終わり方? と突然の終わりにビックリした作品。 大切なコンテストの演奏を楽しみに待っていたのですが 子供達のコンサートは、追悼コンサートだけでした。。。 あれ〜〜?実話ベースなのでコンテストに出場するところまで描いているのか…

映画 アンネの追憶

ホロコーストの強制収容所に連れて行かれてからの日々を アンネ・フランクの親友、ハネリ・ホスラーにインタビューしたものをまとめた書籍(もうひとつの「アンネの日記」)がベース。 なかなか重く、やるせない気持ちになりますね。 他人を憎まず、同じ事を…

映画 きみに読む物語

ずっと気になっていた作品。 作家のニコラス・スパークスさんの奥様の祖父母の実話をベースにした作品。 うーん、そっかぁ・・・ 作品として見すぎたかも。 アニーの若い頃のファッションが素敵でした。

映画 LION/ライオン ~25年目のただいま~

うわぁあああああああーん!って言う感動ものではないですけど 実話ベースのジンワリする作品。 自分も社会の為に何かできたら…と思いますね。 なぜタイトルがLIONなのかは"最後"分かります。 私は新たに子を設けるより、孤児を迎えたいと考えているのですが…

映画 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

うーん、これは別に観なくて良かったかなぁ。 グレースケリーのファンなら見られて嬉しいかも。 でも公妃はとてつもない努力と学習をなさったのですね。 ニコール・キッドマン美しかったです。 シャーリーズ・セロンやシャロン・ストーン、 ケイト・ブランシ…

映画 しあわせの雨傘

もう少しハッピーな物語なのかと思って観たんですが どうなんでしょう、ハッピーになったのはごく一部だったように思えます。 まだまだそう言うのが私には分からないだけかな。

映画:アメイジング・ジャーニー 〜神の小屋より〜

これは、クリスチャンの事を全く知らないタイプの日本人には受けないだろうねぇ。 少しでもクリスチャンの人達と交流していたり、教会に通ってたりしない限り 途中から「なんだ宗教ものかぁ」となっちゃうでしょうね。 作品としてはまぁまぁ良かったですよ。…

映画:ブルゴーニュで会いましょう

うーん、家族ものだと思って観てたから ちょっと恋愛の話に逸れ過ぎな気がしました。 まぁ、良い物語なんですけど。

100歳の少年と12通の手紙

始まって暫くすると「え、アメリですか?」って思うような フレンチメルヘンちっくになるんですが、まぁクドクドしくなく 見るのまバカらしくなる、なんて事はなく見られました。 心に傷を負って、それを手放さずに生きている人に観て欲しい作品です。 ロー…

映画 しあわせの隠れ場所

実在するアメフト選手、マイケル・オアーさんの生い立ちがベースの映画。 サンドラ・ブロックが素晴らしい善き人を演じていました。 マイケル・オアーさんは、自分が正しいと思うこと、 自分の信念を持ち続けられる人だったんでしょうね。 観られてとても良…

映画:リトル・ミス・サンシャイン

知人には別に良い作品じゃないと聞いてたけれど 私はアリかな。 何も考えずに見れて、感動できる。 そんなベタ寄りな作品だけど、だからこそ疲れてる時にも観られる。 私は疲れてる時は、先が読めちゃうベタ寄りな作品を選ぶ事が多いかも。 小さな妹のコンテ…

映画 私は、ダニエル・ブレイク

いや〜もう、これは本当に こういう作品つくってくれる監督がいるのに、 世の中は何も変わらない!と腹が立つ題材ですね。 ずるい人間がいるから、形式に沿ってしか手続きできないのよね、役所も。 不正する人に憤りを感じてしまいます。 心にズーンときた作…

映画:孤独のススメ

なんかよく理解できないまま不思議ちゃんなテオが現れ家に入り住込み… うーん?と言った感じだったのですが 終盤で、なんだよこの映画!となりました。 心に響きました。 どこかのレビューでLGBTものと書いてる人がいたけれど 普通の人はそう捉えるかもしれ…

映画:歌声にのった少年

実話を元にした、良い作品でした。 幼少期を演じている子供達は 実際にガザに住む子供達の中から、オーディションをして選ばれたそうです。 主人公の幼少期の姉役を演じた子は、 この映画の出演料で、家族とオランダへ亡命できたそうです。 ムハンマド・アッ…

映画 アドバンスド・スタイル そのファッションが、人生

これはもうファッションが布から好きな私としては 堪らない作品ですね。 ずーーーーっと観たかったのでやっと観られて本当に嬉しいです。 また繰り返し観たいです! やはり、一つのテイストに縛られる事なく 自由に楽しみたいですね、ファッションを。

映画 イヴ・サンローラン(2010)

サンローランの映画は何本かありますが まず初めに観たかったのが、この公式ドキュメンタリー。 イヴ・サンローランの生涯のパートナー、ピエール・ベルジェのインタビューが見られるだけでも かなり貴重な作品だなぁと思います。 最初に流れる引退会見で心…

映画 ハッピーエンドの選び方

これ、予告編はコメディタッチですね。 私としてはどうしてそうしたのか残念に思います。 …が、作品は良かったですよ。 重苦し〜〜〜〜くならないように作られているように感じました。 他人の死と言うのは、やはり最後まで 自覚はないけれど他人事であって …

映画 ニュー・シネマ・パラダイス

少年トトと、映画館のおじさんアルフレードの心の交流が良いですね。 でも、期待していたから 最後は恋愛ものになっちゃってて残念でした。 良い作品だったので、どうして最後を恋愛ものにのか?と。 でも良い作品だったけど。。。

映画 プレシャス

産まれた子供には何の罪もない。 色んな環境があるから、私は中絶に絶対反対とは言えない。 もちろんそうしなくて済むように、きちんと計画が必要なのだけど。 少し明るい未来も描いてほしいような気持ちもあるけど そんなに未来までを描いていないからこそ…

映画 きみがくれた物語

うーん、これ良かったと思うんだけど だいぶ前に観たから結末は忘れちゃった。 忘れたい結末だったのかもしれない。

映画 ぼくセザール10歳半1m39cm

気になっていた作品。 仲間との冒険をとおした少年達の成長物語… と一括りにはできないけれど、大まかにはそんな感じかなぁ。 素敵な協力者や、友人のパパ、そしてその後の妻、 みんな出会えて良かったね、と言ってあげたくなりました。 日本語の予告編を見…

映画 はじまりのうた

これ良かったのに、ここに書いてなかったんだ〜〜 良かったから書いたつもりでいた。 スペシャルミュージッククリップ

映画 オーケストラ!

なんだろう、コレと言って太い軸が走り続けている訳ではないのに とても良かった作品です。 また観たいです。 物語の背景にある題材は重いものなのに、 それをこんなに柔らかく優しく、だけどきちんと伝わるよう仕上げられるのは凄いなと思いました。

プロフィール


音楽(Jazz,Funk,Soul,R&B)、珈琲、ネコ、建築など
私の好きが詰まったブログ。
それを眺めてホッコリしてくれる人がたら良いなぁ。

詳しいプロフィールはコチラ